特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

見る探る

「差別まき散らしただけ」 LGBT法案はなぜ暗礁に乗り上げたのか

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部前で同党議員によるLGBTなど性的少数者への差別発言に抗議する人たち=東京都千代田区で2021年5月30日午後6時59分、渡部直樹撮影
自民党本部前で同党議員によるLGBTなど性的少数者への差別発言に抗議する人たち=東京都千代田区で2021年5月30日午後6時59分、渡部直樹撮影

 こんなにもひどい展開になるとは思わなかった。LGBTなど性的少数者に関する国民の理解を増進するという「LGBT理解増進法案」は、超党派の議員連盟で合意したものの、党内の反対意見に配慮した自民党が通常国会(16日閉会)への法案提出を見送り、頓挫した。党の会合では一部の議員から差別発言まで飛び出し、「ただ差別発言をまき散らされ、傷つけられただけ」とLGBT当事者の怒りや失望は大きい。なぜ、ごく当たり前のことを掲げる法案は暗礁に乗り上げたのか。【藤沢美由紀/デジタル報道センター】

「命が奪われている」届かない訴え

 「LGBT差別をなくす法律を」「差別発言を撤回しろ」。5月30日、日が暮れた東京・永田町。雨の中、自民党本部前に集まった人たちはこう書かれたレインボーカラーのプラカードを掲げ、スピーチを続けた。人々の手元では、キャンドルの明かりが揺れていた。この日は、法案提出の見送りや議員によるLGBTへの差別発言に対する抗議だった。

 私は7年前から、性的少数者の取材を続けている。抗議行動には付き合いのある当事者たちも来ていて、いつも笑顔で穏やかな人も含め、みんな怒っていた。我慢の限界を、とうに超えているように見えた。マイクを握った人たちは、次々に「命の話」を口にした。

 「たくさんの命が奪われています」と訴えたのはトランスジェンダー男性の浅沼智也さん(32)だ。18歳で古里を離れてから多くの当事者に出会ったが、自殺未遂の経験がある人が少なからずおり、中には亡くなった人もいた。出生時の戸籍上の性別は男性で、女性として生きるトランスジェンダーの友人は、パートナーの親に交際を反対された上、男性として扱われ「お前なんか幸せになれない」「消えろ」などと暴言も浴びせられたことで、衝動的にビルの上階から飛び降りた。

 本人が自認していない性別で扱うことは、当事者を否定し、尊厳を深く傷つける。友人は重傷を負って搬送された病院でも、医療従事者から男性として扱われて耐えきれず、治る前に退院した。その後も自殺未遂を繰り返したという。

 ある友人は不当に解雇されて仕事も住む場所も失い、別の友人は周囲から暴言を受けて排除されたことをそれぞれ苦にして自ら命を絶った。浅沼さん自身も、自殺未遂の経験がある。トランスジェンダーであることで周囲の心ない発言や差別的な扱いにさらされることは日々の生活の中でも度々あり、職場でも、望んでいないにもかかわらず勝手にトランスジェンダーであることを暴露される「アウティング」に苦しめられてきた。

 こうした経験から、浅沼さんはLGBTに関する法律ができることを願っていた。「法律があれば不当なことが起きた時、切り札になるのでは」。理解増進法案については内容などが不十分と感じていたが、結局その法案すら棚上げになったことに対し、「ひどすぎる」と憤り、こう続けた。

 「命を守る盾になるような法律がほしい。それだけなのに、議員の差別発言に9万人以上の抗議署名が集まっても謝罪もないし、結局法案は通らない。伝わらないことが本当につらいです」

 財団法人職員でレズビアンの西山朗さん(32)も、スピーチで仲間の死に言及した。西山さんは、職場に働きかけて就業規則に「性的指向や性自認による差別の禁止」という文言を加えてもらったことがある。文言の追加が「性的少数者への差別があると認識し、問題が起きたら対応するという(職場の)意思表示」と感じられ、とても安心したという。「就業規則が変わっただけで働く人の人生が良い方向に変わるのなら、法律として社会全体にも必要では」と思い、法整備を求める運動に携わった。「私は運良く周囲に恵まれましたが、それでも10年かけて少しずつカミングアウトを重ねてきました。当事者はいつ差別的な言動に遭うかわからず、気が休まる時がありません」と明かす。

 LGBT当事者の苦しみや生きづらさは、調査結果にも表れている。宝塚大の日高庸晴教授が2019年に約1万人を対象に実施した調査によると、…

この記事は有料記事です。

残り4148文字(全文5806文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集