山手線など全線再開、運転見合わせから約4時間 渋谷変電所不具合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 20日午後5時35分ごろ、JR東日本の渋谷変電所(東京都渋谷区神宮前)で不具合が発生し、山手線と湘南新宿ラインの運行が全線で止まった。不具合に伴い、埼京線の大崎―大宮間と、相鉄線直通列車の新宿―羽沢横浜国大間も上下線で運転を見合わせた。

 駅と駅の間で停車した電車が山手線で5本、湘南新宿ラインでも1本あった。同社の社員らの誘導で、午後8時38分までに乗客は歩いてホームなどに移動した。乗客移動のため、中央線快速と中央・総武線各駅停車の全線の運転も一時的に止められた。

 JR東日本によると、同日午後9時38分に山手線が、同9時54分に残りの路線が運転を再開した。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文934文字)

あわせて読みたい

注目の特集