ピンクカメハメハ急死、レース中に心不全 北村騎手投げ出され搬送

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本中央競馬会(JRA)は20日、同日に東京競馬場で行われたユニコーンステークス(G3)で、ピンクカメハメハ(3歳牡馬、森秀行厩舎)が、急性心不全で死んだと発表した。レース中に発症して向正面の内ラチに激突、転倒して競走を中止した。同馬は2月にサウジアラビアで勝ち、3月にはドバイでUAEダービーに出…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集