「ふつう」問い直す NHKEテレ「バリバラ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「バリバラ」の一場面。誰もが参考にできるよう、座った状態でコーディネート写真を撮る車椅子ユーザーら=NHK大阪放送局提供
「バリバラ」の一場面。誰もが参考にできるよう、座った状態でコーディネート写真を撮る車椅子ユーザーら=NHK大阪放送局提供

 社会に残るバリアーをなくすため、マイノリティーたちが自ら情報を発信するバラエティー番組「バリバラ」(NHKEテレ、木曜午後8時)。10年目に突入した4月から、新企画「#ふつうアップデート」を放送している。一般的に普通と思われていることも、マイノリティー目線で見たら本当に普通と言い切れるのか。疑問を突き詰め、課題をアップデートする方法を考えることで、誰もが生きやすい社会を実現するのが狙いだ。24日の放送では、車椅子ユーザーの女性らがファッション界の「ふつう」をアップデー…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

あわせて読みたい

注目の特集