あやめまつりで「心を穏やかに」 平泉・毛越寺 /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
紫の花が咲き始めた毛越寺あやめ園のハナショウブ=岩手県平泉町の毛越寺で2021年6月20日、松本ゆう雅撮影
紫の花が咲き始めた毛越寺あやめ園のハナショウブ=岩手県平泉町の毛越寺で2021年6月20日、松本ゆう雅撮影

 平泉町の毛越(もうつう)寺で20日、恒例の「あやめまつり」が始まった。境内の浄土庭園にあるあやめ園では、梅雨の合間の好天の下、色鮮やかに咲いたハナショウブが観光客の目を楽しませた。

 あやめ園は約30アールの広さがあり、1954年に明治神宮から株分けされたハナショウブなど300種3万株が植えられてい…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

あわせて読みたい

注目の特集