連載

室町の兄妹・流れ公方と忘れられた尼

毎日新聞デジタルの「室町の兄妹・流れ公方と忘れられた尼」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

室町の兄妹・流れ公方と忘れられた尼

/1 史上唯一、二度将軍になった男 知られざる足利義稙 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本の歴史上、全国を統治する幕府の将軍(征夷大将軍)になったのは、39人。鎌倉幕府は源氏3代、摂家2代、皇族4代。室町幕府は足利15代。江戸幕府も徳川15代。この中に1人だけ「二度将軍になった男」がいる。

 それは、室町幕府十代将軍の足利義稙(よしたね)。有名とは言い難い存在だが、史学研究の分野では平成以降、徐々に注目されてきた。最初の将軍時代は義材(よしき)という名で、義尹(よしただ)を経て、義稙となった。実は彼は、日本の歴史、京都の歴史に巨大な足跡を残しただけでなく、現代の重要な社会問題の複数の当事者と考えられる。それは何か――。

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1397文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集