連載

影山貴彦のテレビ燦々

同志社女子大学メディア創造学科教授・影山貴彦さんがつづるテレビにまつわるコラムです。

連載一覧

影山貴彦のテレビ燦々

完璧に安全・安心な五輪などない 開催の是非、議論を避けているのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 菅義偉首相をはじめとする政治家たちの「安全、安心な東京オリンピック・パラリンピック~」という言葉を聞くたび、めまいがする。五輪の開会式まで約1カ月、どれだけ楽観的な人間であれ、国民の「安全」や「安心」が完璧に保障された大会となり得ないことは明白だ。人は自信がない時こそ、同じ言葉を繰り返すものなのか。

 仮にオリパラを強行開催した後、新型コロナウイルスの世界的な広がりに、どんな近未来が待っているのか?詰まるところ誰にも分かるまい。もしかすると、悲惨な流れは奇跡的に回避できるかもしれない。ただ結果がどうあれ、私たちの命と引き換えに、この上なく無謀な賭けに乗り出し、専門家や多くの国民たちの声にほぼ耳を傾けず、抽象的な言葉ばかりを繰り返した政治家たちがこの国に数多くいたことは、心に深く焼き付けておこう…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文746文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集