山手線、21日始発から1割減の見込み 渋谷変電所で漏電を検知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 20日午後5時35分ごろ、JR東日本の渋谷変電所(東京都渋谷区神宮前)で漏電が検知されて送電が停止し、山手線と湘南新宿ラインの運行が全線で止まった。埼京線の大崎―大宮間と、相鉄線直通列車の新宿―羽沢横浜国大間も上下線で運転を見合わせた。

 同社によると、同日午後9時38分に山手線が、同9時54分に残りの路線が運転を再開した。この影響…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

あわせて読みたい

注目の特集