特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

近大でワクチン接種始まる 学生や教職員ら3万4000人対象

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「職域接種」が始まりワクチン接種を待つ近畿大学関係者=東大阪市で2021年6月21日、藤井達也撮影
「職域接種」が始まりワクチン接種を待つ近畿大学関係者=東大阪市で2021年6月21日、藤井達也撮影

 近畿大は21日、東大阪市の東大阪キャンパスで新型コロナウイルスワクチンの職域接種を始めた。学生や教職員ら約3万4000人が対象で、8月6日までに希望者全員に2回目の接種を完了する計画。文部科学省によると、職域接種は全国の170以上の大学から申請があり、17大学が6月21日に開始する予定で、大学でのワクチン接種が本格化する。

 午前10時から同キャンパスの記念会館で接種が始まると、事前に予約していた学生らが予診票や学生証などを持って受け付けを済ませた。その後、同大医学部の医師の問診を経て、看護師から米モデルナ製のワクチンの接種を受けていた。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文499文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集