多治見、“聖地”になれる? アニメ「やくならマグカップも」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
テレビアニメ「やくならマグカップも」の一場面=Ⓒプラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会
テレビアニメ「やくならマグカップも」の一場面=Ⓒプラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会

 放送中のアニメ「やくならマグカップも」(通称・やくも、CBCテレビで金曜深夜<土曜午前>0時55分ほか)は、岐阜県多治見市を舞台に女子高生たちが陶芸に打ち込む日々が、「ながせ商店街」や「本町オリベストリート」などリアルな街の景色と共に描かれる。アニメの舞台をファンが訪れる「聖地巡礼」という言葉もすっかり定着。県内には「聲の形」(2016年)の大垣市、「君の名は。」(同年)の飛驒市が知られているが、多治見市は新たな聖地となり得るのか。記者が街を歩いた。【井上知大】

この記事は有料記事です。

残り1813文字(全文2047文字)

あわせて読みたい

注目の特集