特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

専門家「五輪で開放的になった東京、数百人規模で感染増加も」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
政府、東京都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)による5者協議後、記者会見する大会組織委の橋本聖子会長(右)と武藤敏郎事務総長=東京都中央区の晴海トリトンスクエアで2021年6月21日午後5時35分、幾島健太郎撮影
政府、東京都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)による5者協議後、記者会見する大会組織委の橋本聖子会長(右)と武藤敏郎事務総長=東京都中央区の晴海トリトンスクエアで2021年6月21日午後5時35分、幾島健太郎撮影

 東京五輪・パラリンピックの観客上限数について、会場の定員50%、原則1万人としたことに、専門家からは懸念の声が相次いだ。

 「安全を重視するなら無観客とすべきだ」。感染症に詳しい国際医療福祉大の松本哲哉教授はこう訴える。入場者数に上限を設けても、連日、多数の競技が行われれば、東京都全体で人の流れが増える。その結果、人と人との接触が増え、感染が拡大するとみる。都内の感染者数が下げ止まり、感染力が強いとされるインド由来の変異株のクラスター(感染者集団)も確認されており、東京医大の濱田篤郎特任教授も「観客がウイルスを持ち帰り、都内だけでなく、全国で感染が広がる可能性がある」と懸念する。

 スポーツイベントの観客動員が感染拡大に与える影響については、これまでも研究報告がある。産業技術総合研究所のチームが、2020年11月~21年1月に試合のあった全国5カ所のサッカー場(観客数約1800~2万4000人、定員の9~46%)で二酸化炭素濃度を測ると、トイレは試合前やハーフタイム、試合後に、出入り口は試合後にそれぞれ上昇。人が密集して飛沫(ひまつ)感染のリスクが高くなるとみられ、濱田特任教授は「観客を動員するのなら、陰性証明書の提示や、入退場の時間をずらすことを検討すべきだ」と提案する。

 また、東京大の仲田泰祐(たいすけ)准教授(経済学)らの試算によると、五輪によるお祭りムードの高まりで外出自粛が破られ、路上やスポーツバーで応援する人や友人同士で集まる人が増えると、…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文1110文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集