館林市議会 市長発言 「丸のみ」否定、緊急動議 百条委設置は否決 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
百条委員会設置に賛成する議員に視線を走らせる多田善洋市長=群馬県館林市議会で2021年6月21日、高橋努撮影
百条委員会設置に賛成する議員に視線を走らせる多田善洋市長=群馬県館林市議会で2021年6月21日、高橋努撮影

 3月の館林市長選で板倉町との合併推進を訴えて初当選した多田善洋市長が告示前の記者会見で「板倉町の言い分は全部のむつもりだ」と発言しながら、今月10日の市議会一般質問で「丸のみなどと言ったことはない」と否定した問題を巡り、市議会で21日、地方自治法100条に基づく調査特別委員会(百条委員会)の設置を求める緊急動議が出された。賛成、反対双方の立場から討論が行われたうえで、設置は反対多数で否決となった。【高橋努】

 多田市長は、10日の一般質問で発言自体を否定したが、11日に別の議員から質問された際には「(丸のみと)言ったが、趣旨が違う」などと答えた。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文954文字)

あわせて読みたい

注目の特集