船橋市長選/船橋市議補選 船橋市長「感謝と責任」決意新た 3選から一夜明け /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
当選後初登庁し、花束を受け取る松戸徹市長(左)=千葉県船橋市役所で2021年6月21日、小林多美子撮影
当選後初登庁し、花束を受け取る松戸徹市長(左)=千葉県船橋市役所で2021年6月21日、小林多美子撮影

 20日投開票された船橋市長選は現職の松戸徹氏(66)が、いずれも新人で元県議の丸山慎一氏(65)と元市議の門田正則氏(74)を破り、3選を果たした。一夜明けた21日、松戸氏は市役所に当選後初登庁し「2期8年の評価を兼ねての選挙だったと思うので、また(市長職を)託してもらえたことに感謝するとともに改めて責任の重さを感じている」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文840文字)

あわせて読みたい

ニュース特集