連載

くらしナビ・環境

地球温暖化や野生生物との関わり、ごみ問題…。地球を守るにはどうすればいいのかを考えます。

連載一覧

くらしナビ・環境

田んぼ再生、生態学者の挑戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 谷あいの耕作放棄地を再生させ、自ら米作りをする研究者がいる。専門は農学ではなく、植物生態学だ。地球温暖化に歯止めがかからず、第6の大量絶滅期といわれるこの時代に欠かせない役割が水田にあるのだという。生態学者がなぜ今、田んぼを耕すのか。

 ●治水・水質浄化探る

 梅雨入り前に晴れ間の広がった5月下旬、千葉県印西(いんざい)市の田んぼに国立環境研究所気候変動適応センター室長、西広淳さん(49)の姿があった。北総線・印西牧の原駅から徒歩約30分。住宅地の広がる台地と、ゴルフ場が整備された丘陵地に挟まれた「谷津(やつ)」と呼ばれる低地の田んぼだ。

 所有者の農家が数年前に手入れをやめた、15アールほどの田んぼを再び掘り起こし、2020年春から米作りを始めた。この日は家族や研究所の仲間たちと手分けして手作業で苗を植えた。「昨年は2家族が1年食べられるくらいの量のお米がとれました。プロの農家が見るとおかしな田んぼでしょうが、十分です」

この記事は有料記事です。

残り1836文字(全文2251文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集