特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

学びの場にマスク着用圧力 「苦しければ外してもいい」と言われても

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「教室では原則マスクを着用する」と記された小学校の文書を見返す母親。「子供の目線でマスクを着けるか着けないか選ばせてほしい」と語る=香川県三豊市内で、西本紗保美撮影
「教室では原則マスクを着用する」と記された小学校の文書を見返す母親。「子供の目線でマスクを着けるか着けないか選ばせてほしい」と語る=香川県三豊市内で、西本紗保美撮影

 新型コロナウイルスの収束が見えない中、感染対策が強まる一方で、子供たちの健康や発育、居場所が脅かされる事態も起きている。教育現場の戸惑いや新たな取り組みを取材した。

 「子供にマスクを着けさせないなら、全ての保護者に説明できますか」

 2021年2月、香川県三豊市に住む30代の母親は、息子が通う幼稚園の複数の保護者から園に呼び出され、そう問い詰められた。園長や入学予定の小学校校長、市教委職員らも同席しており「まるで『マスク裁判』。犯罪者のような扱いだった」。逃げるように退席した当時を振り返り、母親は言葉を詰まらせた。

 この幼稚園は大勢が集まる部屋では新型コロナ対策でマスクを着用する決まりとなっていた。しかし、息子が「マスクを着けると頭が痛い」と訴えたため、脳の酸素不足を心配した母親は園に事情を話し、20年5月からマスクを外して通園させた。

この記事は有料記事です。

残り2668文字(全文3041文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集