「奨学金使いこんだ亡き父へ」盛岡の駅広告、投稿に3.8万いいね

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
父の日に合わせ、IGRいわて銀河鉄道盛岡駅構内に貼られたポスター=盛岡市内で2021年6月21日午後2時30分、日向米華撮影
父の日に合わせ、IGRいわて銀河鉄道盛岡駅構内に貼られたポスター=盛岡市内で2021年6月21日午後2時30分、日向米華撮影

 「お父さん、オレの奨学金を使いこんでくれて、ありがとう。」――。父の日の20日に合わせ、IGRいわて銀河鉄道の盛岡駅と二戸駅の構内にインパクトの強いポスターが張り出され、話題を呼んでいる。ポスターに2年前に亡くなった父親への思いを込めたのは、岩手県二戸市出身の足澤(たるさわ)憲さん(33)。キャッシュレス決済に関するお得な情報を提供するアプリの開発者だ。【日向米華】

 広告は「パチンコも競馬もやってないのに、どうやって借金をこしらえたの?」という父への不満から始まる。足澤さんは4人姉弟の長男として、二戸市で農業を営む両親のもとで生まれ育った。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文940文字)

あわせて読みたい

注目の特集