特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

学校の集団接種 厚労相「保護者や本人の意向尊重」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
田村憲久厚労相
田村憲久厚労相

 田村憲久厚生労働相は22日の閣議後記者会見で、中高生を対象にした新型コロナウイルスワクチンの学校での集団接種について「努力義務なので、あくまでも保護者や本人の意思を尊重した上で打っていただくことになる。法律上義務だった、以前の集団接種とは決定的に違う」と述べた。厚労省は同日、文部科学省と連名で、学校での集団接種について「現時点で推奨するものではない」とする通知を出した。

 厚労省は米ファイザー社製ワクチンの公費による接種対象について、16歳以上から12歳以上に引き下げた。だが、学校での集団接種は保護者への説明の機会に乏しく、接種への同調圧力を生みがちで、接種後の体調不良に対するきめ細かな対応が難しいなどといった懸念が指摘されている。田村氏は接種の進め方について、「それぞれの自治体の考え方に沿って対応いただく」と語った。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文604文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集