沖縄「慰霊の日」 地上戦から76年 惨禍の継承、厳しさ増す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
戦没者の名前が刻まれた「平和の礎」を訪れ、手を合わせる女性=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2021年6月23日午前6時3分、平川義之撮影
戦没者の名前が刻まれた「平和の礎」を訪れ、手を合わせる女性=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2021年6月23日午前6時3分、平川義之撮影

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦などの犠牲者を悼む「慰霊の日」を迎えた。76年前、約3カ月にわたる日米両軍の激しい地上戦によって、戦闘に巻き込まれた住民を含め約20万人が命を落とした。最後の激戦地だった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園にある「平和の礎(いしじ)」には早朝から遺族らが訪れ、犠牲となった家族や友人らの名前が刻まれた石碑の前で手を合わせ、平和を祈った。

 県には新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国の緊急事態宣言が発令中で、昨年に続いて各地の慰霊祭は中止や規模縮小などを迫られた。長引くコロナ禍の中、体験者が経験を直接伝える機会は減り、「ひめゆり平和祈念資料館」(糸満市)など地上戦の惨禍を記録する施設も入館者が激減している。体験者の減少や高齢化が進む中、記憶の継承は厳しさを増している。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文893文字)

あわせて読みたい

注目の特集