特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

サッカー五輪代表 守備と確実性を重視 フル代表兼任監督で実現

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪代表メンバーを発表する森保一監督=日本サッカー協会提供
東京五輪代表メンバーを発表する森保一監督=日本サッカー協会提供

 日本サッカー協会は22日、東京オリンピックに臨む男子U24(24歳以下)日本代表18人を発表した。

 守備と確実性を重視した陣容だ。五輪世代の冨安、板倉、中山、橋岡らは複数の守備的ポジションをこなせる。3人のオーバーエージ(OA)枠は、フル代表の主力でいずれも守備的な吉田、酒井、遠藤航を選んだ。4人のバックアップメンバーのうち2人がセンターバックの町田と瀬古だ。GKではJリーグで急成長している18歳の鈴木(浦和)を抑え、J1で実績があり代表常連の大迫、谷の2人にした。

 森保監督の評価基準は1対1で守れること、1人で突破できる力を持つことだ。「個の強さを持っている、プラス、チームのために走って戦える選手、複数のポジションをこなせる選手を選ばせてもらった」。過密日程の大会を勝ち抜く上で、失点を抑え、確実なパフォーマンスを期待した人選だ。海外クラブ所属の選手は、マルセイユ(フランス)から浦和に復帰した酒井を除いても過去最多の9人を数える。攻撃陣も久保建、堂安ら早くか…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文841文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集