羽越・奥羽新幹線の早期実現へ 秋田-東京1時間14分短縮に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
羽越・奥羽新幹線整備ルート(仮)
羽越・奥羽新幹線整備ルート(仮)

 羽越新幹線(富山―新青森駅間)と奥羽新幹線(福島―秋田駅間)の早期実現に向け、沿線6県(秋田、青森、山形、福島、新潟、富山)の職員で構成するチームが両新幹線の費用対効果などを算出した調査結果を21日に公表した。

 奥羽新幹線の実現で秋田―東京駅間は最速で2時間23分になり、現行の秋田新幹線よりも1時間14分短縮する一方、事業費は最大で5兆3500億円になる積算結果を示した。

 チームは所要時間の短縮効果として、現行で最速で3時間半かかる新潟―秋田駅間は1時間1分に、3時間23分かかる山形―秋田駅間は42分に大幅短縮すると見込んだ。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文541文字)

あわせて読みたい

注目の特集