孫氏、80歳まで続投? 株主総会で言及 後継候補選びは数年内に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都港区で2021年5月12日午後4時54分、後藤豪撮影
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都港区で2021年5月12日午後4時54分、後藤豪撮影

 ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長(63)は23日、東京都内で開いた定時株主総会で、80歳まで経営トップを続ける可能性に言及した。「最近は医学が進んでいる。70歳でも80歳でもやれるかもしれない」と述べた。60代の数年内に後継者候補を見つけ「経営のかじ取りを徐々に引き継がなければならない」とも語った。

 孫氏は60代での引退を公言してきたが、最近は軌道修正している。この日も「69歳を過ぎても社長をやっているかもしれない。社長は誰かを任命し、会長として経営に深く関わっているかもしれない」と発言した。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文592文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集