駐米中国大使が交代へ 両国関係「岐路に直面」 在任最長8年以上

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国の崔天凱駐米大使
中国の崔天凱駐米大使

 中国の崔天凱駐米大使(68)は21日、在米中国大使館のサイトに「全米の同胞に向けた別れのあいさつ」を公表し、近く交代することを明らかにした。崔氏は駐日大使や外務次官を経て、2013年4月から8年以上にわたって駐米大使を務めた。中国メディアによると歴代最長。後任には秦剛外務次官が起用されるとの観測がある。

 崔氏はあいさつ文で「両国の利益は緊密に溶け合っている」と強調。米国の対中政策が変化する中で「米中関係は現在重大な岐路にあり、対話と協力か、対抗と衝突かの選択に直面している」との認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文582文字)

あわせて読みたい

注目の特集