上野動物園のパンダ、シンシンが赤ちゃん2頭出産 4年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの雌シンシン(15歳)が23日未明、双子の赤ちゃん2頭を出産した。同園でのパンダ出産は、2017年6月にシンシンがシャンシャンを産んで以来4年ぶりで6、7例目となる。赤ちゃんの性別は不明で、同園でパンダの双子が生まれるのは初めて。母子ともに健康だという。

 同園によると、1頭目は午前1時3分、2頭目は同2時32分に生まれた。1頭は124グラム、もう1頭は不明。2頭とも大きな声で鳴き、元気な様子という。一般的に2頭を同時に世話することは少ないとされ、1頭はシンシンが抱いているが、もう1頭は保育器に移した。今後は2頭を入れ替えながら飼育していく。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文562文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集