美浜原発再稼働 「活断層の審査不十分」 市民団体などが抗議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中継モニターに映し出された、関西電力美浜原発3号機の中央制御室で起動の操作をする運転員の様子=福井県美浜町の関電原子力事業本部で2021年6月23日午前10時(代表撮影)
中継モニターに映し出された、関西電力美浜原発3号機の中央制御室で起動の操作をする運転員の様子=福井県美浜町の関電原子力事業本部で2021年6月23日午前10時(代表撮影)

 関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)の再稼働に対し、原則40年の運転期間の延長認可取り消しを求めて名古屋地裁で係争中の市民団体などが23日、抗議声明を出した。

 声明は敷地周辺の活断層などを国が十分審査していないと批判。事故があれば風下の東海地方にも深刻な被害が予想されるとし「住民の不安や反対の声…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集