「古い原発に強い危機感」 美浜3号機再稼働に市民団体が抗議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西電力美浜原発3号機(奥)の再稼働に反対してデモ行進をする市民団体のメンバーら=福井県美浜町で2021年6月23日午後3時19分、山田尚弘撮影
関西電力美浜原発3号機(奥)の再稼働に反対してデモ行進をする市民団体のメンバーら=福井県美浜町で2021年6月23日午後3時19分、山田尚弘撮影

 関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)が再稼働した23日、同原発周辺では市民団体が抗議活動を展開し、地元首長は関電に安全の徹底を求めた。

 美浜町内では同日、「美浜3号機うごかすな現地緊急全国集会」が開かれ、全国から約350人(主催者発表)が参加した。同県敦賀市の橋詰喜代枝さん(68)は2004年の美浜原発蒸気噴出事故の時、「絶対安全と言われていたのにだまされた、と父が語っていた」と振り返り、「事故が起きたら逃げるところもない。子どもたちに安全なふるさとを残したい」と訴えた。避難計画対象の30キロ圏内に入る滋賀県からも多数参加し、…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文671文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集