特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

専門家組織、東京の「リバウンド強く懸念」 7月には変異株過半予測

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染症対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合=東京都千代田区で2021年6月23日午後3時、矢澤秀範撮影
新型コロナウイルスの感染症対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合=東京都千代田区で2021年6月23日午後3時、矢澤秀範撮影

 新型コロナウイルス感染症の対策について助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)の会合が23日あり、東京都の感染状況について「新規感染者数は横ばいから増加に転じる動きがみられ、リバウンド(感染再拡大)が強く懸念される」と評価した。

 東京都の感染状況は22日までの1週間の感染者数が2841人で、前週(9~15日)の1・08倍となっている。今後の見通しについて、「ワクチン接種によって高齢者の重症化が抑えられることが期待されるものの、リバウンド後に感染者数の急速な増加が続けば、重症者数も増加し、医療の逼迫(…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文695文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集