連載

花谷寿人の体温計

政治や社会の出来事が人々に与える影響を「体温」として読み解く、花谷寿人論説委員のコラム。

連載一覧

花谷寿人の体温計

糸子と数子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名前を見るだけでその人が身近に感じられるから不思議だ。

 沖縄県糸満市の平和祈念公園にある平和の礎(いしじ)には、太平洋戦争末期の沖縄戦で亡くなった20万余の人々の名前が刻まれている。びょうぶのように並び立ち、青い海を見つめている。

     ◇

 沖縄にかかわる忘れられない名前がある。糸満市に近い南城市の糸数アブチラガマという自然洞窟を訪ねた時に知った。ここは戦時中、野戦病院として使われた。約600人の負傷兵が運び込まれ、助かったのは9人しかいない。

 その一人、愛知県出身の日比野勝広さんが、戦後に授かった双子の女の子に付けた名前だ。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文898文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集