特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 職域接種、申請一時停止へ 供給上限迫る 自治体「大規模」も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 河野太郎行政改革担当相は23日、新型コロナウイルスワクチンの企業などでの職域接種と、自治体が運営する大規模接種について、新規の申請受け付けを一時停止すると発表した。職域接種は25日午後5時でいったん締め切り、自治体の大規模接種の受け付けは即時、停止する。再開時期は未定。いずれもモデルナ社製ワクチンを使用しているが、申請件数が増え、政府が見込むワクチンの供給可能量の上限近くに達したことなどが要因だとしている。

 河野氏は記者会見で、モデルナ製ワクチンは9月末までに5000万回分が輸入される予定なのに対し、職域接種の申請が既に3300万回分、大規模接種は1200万回分を超えたとし、「かなり上限に近くなっている。1日の配送可能量も上限に達している」と説明。「一度申請を休止させていただきたい」と表明した。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文561文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集