美浜再稼働 40年原発、11人死傷の記憶 地元、戸惑いと歓迎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
美浜原発3号機(奥)の再稼働に反対してデモ行進をする市民団体のメンバーら=福井県美浜町で2021年6月23日、山田尚弘撮影
美浜原発3号機(奥)の再稼働に反対してデモ行進をする市民団体のメンバーら=福井県美浜町で2021年6月23日、山田尚弘撮影

 関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)が23日、再稼働した。地元には、多数の死傷者を出した17年前の大事故の記憶が残る。それでも、原発と共に生きてきた事実は重く、不安と期待が入り交じる中、国内初となる「40年超原発」再稼働の日を迎えた。

 美浜3号機には忘れてはならない負の歴史がある。2004年8月、2次冷却系の大きな配管が突然破裂して高温の蒸気が噴出、11人が死傷した事故だ。亡くなったのは関電の協力会社の5人。死亡した亀窟(かめいわ)勝さん(当時30歳)の父章さん(71)=徳島県吉野川市=は息子を奪った事故について「怒りはあるが、私のような一般人が3号機を止めてくれというて、止まるもんでもない。せめて教訓を生かしてほしい」と語る。その上で「私自身は息子の墓参りに行くしかない。他に方法があるなら教えてほしい」と無念さをにじませた。他の遺族は取材に対し「話したことは新聞に載せないで」とするなど、複雑な心情がうかがえた。

 「もう美浜3号機は動かないと思っていた」。反原発の立場を貫く美浜町議の松下照幸さん(73)も戸惑いを隠せない。蒸気噴出事故を契機に町民の原発を見る目が変わり、さらに11年の東京電力福島第1原発事故で安全神話が崩壊すると、「反対派」として敬遠されがちだった自分に多くの町民が声をかけてくるようになった。その後、美浜1、2号機は廃炉に。3号機も安全対策でコストがかかり、使用済み核燃料の処分などの問題も…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1688文字)

あわせて読みたい

注目の特集