NPT再検討会議、コロナで日程決まらず 日本がやきもきする事情

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年2月に核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けて開かれた国連安保理の公開会合。その後、再検討会議は延期された=米ニューヨークの国連本部で隅俊之撮影
2020年2月に核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けて開かれた国連安保理の公開会合。その後、再検討会議は延期された=米ニューヨークの国連本部で隅俊之撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年から延期となっている核拡散防止条約(NPT)再検討会議は、8月の開催が見送られる方向だ。核兵器の保有や使用を全面禁止する核兵器禁止条約に署名しない立場を取る日本政府は、再検討会議で成果を出し、NPT体制の実効性を示したい考えだが、新たな日程が決まらずやきもきしている。

 再検討会議は、核軍縮や核不拡散などNPTの運用状況を検討するため、5年に1回開かれている。加盟国は191カ国・地域に上り、NPT発効から50周年の節目を迎えた20年には、4~5月に米ニューヨークで開催される予定だった。しかし、世界的な新型コロナの感染拡大に伴って、21年1月に延期となり、さらに感染拡大が収まらない中で8月に再延期されていた。

 外交筋によると、…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1237文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集