特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。不明な点は今も残っています。

特集一覧

野党、閉会中審査で森友問題追及へ 「赤木ファイル」公開受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会内で開かれた野党合同ヒアリングで「赤木ファイル」について財務省の担当者(左側)に質問をする野党議員=東京都千代田区で2021年6月24日午後2時33分、竹内幹撮影
国会内で開かれた野党合同ヒアリングで「赤木ファイル」について財務省の担当者(左側)に質問をする野党議員=東京都千代田区で2021年6月24日午後2時33分、竹内幹撮影

 学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書改ざんの経緯をまとめた「赤木ファイル」公開を受け、立憲民主党など野党は24日、国会内で合同ヒアリングを開き、改ざん問題に関する同省調査報告書の修正を求めた。野党は通常国会の閉会で「見せ場」が減る中、各委員会の閉会中審査などを活用し、政府への追及姿勢を強める構えだ。秋までに実施される次期衆院選をにらんで存在感のアピールを狙う。

 「赤木ファイルをもとに一刻も早く予算委員会、財務金融委員会を開くべきだ。逃げちゃいけない」。立憲の原口一博氏は24日、国会内であった森友問題に関する野党合同ヒアリングの冒頭でこう訴えた。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1273文字)

【森友学園問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集