京都の老舗イノダコーヒの味、全国で キーコーヒーと業務提携

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「京都イノダコーヒ」を手にしたイノダコーヒの前田利宜社長(左)とキーコーヒーの柴田裕社長=キーコーヒー提供
「京都イノダコーヒ」を手にしたイノダコーヒの前田利宜社長(左)とキーコーヒーの柴田裕社長=キーコーヒー提供

 京都の老舗コーヒー店「イノダコーヒ」(京都市中京区)は、レギュラーコーヒー製造・販売大手「キーコーヒー」(東京都港区)と業務提携を結んだ。9月1日からは、共同で開発した家庭用レギュラーコーヒー「京都イノダコーヒ」を販売。全国の小売店や、キーコーヒーの直営ショップで購入できる。

 イノダコーヒは1940(昭和15)年創業。京都市内を中心に、喫茶店などを運営している。

 両社は喫茶文化の継承や魅力発信などを目指し、業務提携に向けた基本合意書を6月12日に締結。キーコーヒーによると、新型コロナウイルス禍で自宅でのコーヒーの消費が増加しているといい、基本合意により商品の拡充を狙う。イノダコーヒは京都府外での認知度を高め、新たな集客につなげたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文605文字)

あわせて読みたい

注目の特集