特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

学校のマスク着脱、香川県教委が指針 差別防止や熱中症対策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
香川県教委が入る香川県庁の天神前分庁舎=西本紗保美撮影
香川県教委が入る香川県庁の天神前分庁舎=西本紗保美撮影

 新型コロナウイルスの感染対策による児童生徒のマスク着用について、香川県教委は熱中症対策として、「運動時はマスク不要」「気温や湿度が高い日には対策を講じた上でマスクを外す」など、着脱に関する指針を県立学校に通知した。保護者からも健康への影響に不安の声が寄せられていた。

 香川県内では感染の急拡大により、5月上旬には県独自の警戒レベルが最高に達し、10代以下の感染者も増加。マスク着用について、文部科学省や県教委のガイドラインでは熱中症リスクを踏まえて「屋外で人と十分な距離を確保できる場合には外すよう指導する」としているが、県内小中学校や保護者らへの取材によると、感染拡大以降、登下校時にも着用を求めるなど対応を厳しくした学校が一部あった。一方で、保護者からは「子供は苦しくて外したくても、周囲の目を気にして我慢しがち」と指摘する声が上がっていた。

 6月21日に県の警戒レベルが上から3番目の「感染拡大防止対策期」に引き下げられたことを受け、県教委は18日、県立学校での感染症対策について通知。マスクの着脱について、運動時は準備や片付けの時間を除いて着用が必要ないことや、子供自身で着脱の判断が難しい場合は、教職員が積極的に声を掛けることなどを明記した。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文942文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集