東京・大阪の大規模接種センター 28日~7月4日の予約枠を追加

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自衛隊大規模接種センターで、接種を待つ人たち=千代田区の大手町合同庁舎3号館で、小出洋平撮影
自衛隊大規模接種センターで、接種を待つ人たち=千代田区の大手町合同庁舎3号館で、小出洋平撮影

 自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを巡り、防衛省は24日、28日~7月4日接種分の予約枠を1日当たり東京会場で300人分、大阪会場で75人分ずつ追加すると発表した。予約は26日から受け付ける。

 28日以降は2回目のワクチン接種が本格化するため、当初設定した予約枠にほとんど空きがなかった。ただ予約対象者の年齢を17日から「18歳以上」に引き下げた後、会場前でキャンセル待ちをする人たちが列をなし、トラブルも懸念されることか…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

あわせて読みたい

ニュース特集