特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

ケンブリッジ飛鳥、準決勝敗退 陸上・日本選手権男子100m

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子100メートルで準決勝敗退となり、厳しい表情のケンブリッジ飛鳥=ヤンマースタジアム長居で2021年6月24日、久保玲撮影
男子100メートルで準決勝敗退となり、厳しい表情のケンブリッジ飛鳥=ヤンマースタジアム長居で2021年6月24日、久保玲撮影

 陸上の東京オリンピック代表選考会を兼ねた日本選手権は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で男子100メートル準決勝があり、日本記録保持者の山県亮太(セイコー)が無風の条件下で10秒16の1組1着となり、全体トップのタイムで25日の決勝へ進んだ。

 このほか多田修平(住友電工)が10秒17(向かい風0・4メートル)で2組1着、桐生祥秀(日本生命)は10秒28(向かい風0・9メートル)で3組1着、小池祐貴(住友電工)は10秒30で3組2着、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒30で1組3着で、それぞれ決勝に進んだ。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は10秒44の3組5着で敗退した。

 決勝は25日午後8時半開始予定で、五輪参加標準記録(10秒05)を突破した選手が3位以内に入れば、代表に決まる。【黒川優】

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文957文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集