特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

山県亮太、全体トップで決勝進出 男子100m 陸上日本選手権

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子100メートル準決勝、1組1着でフィニッシュする山県亮太(右端)。左から2人目は3着のサニブラウン・ハキーム=ヤンマースタジアム長居で2021年6月24日、久保玲撮影
男子100メートル準決勝、1組1着でフィニッシュする山県亮太(右端)。左から2人目は3着のサニブラウン・ハキーム=ヤンマースタジアム長居で2021年6月24日、久保玲撮影

 陸上の東京オリンピック代表選考会を兼ねた日本選手権が24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕し、男子100メートルは、日本記録保持者の山県亮太(セイコー)が無風の条件下で行われた準決勝で10秒16の1組1着となり、全体トップのタイムで25日の決勝へ進んだ。多田修平(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)も決勝進出を決めたが、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は準決勝で敗退した。

 女子100メートルは、福島千里(セイコー)が予選で12秒01(追い風0・8メートル)の4組5着で敗退。福島は女子200メートルにはエントリーしておらず、リレーを含めて4大会連続の五輪代表入りは極めて厳しくなった。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文578文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集