特集

九州・山口経済

九州・山口の経済ニュースを伝えます。

特集一覧

「徹底したコスト削減で黒字化目指す」 JR九州株主総会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR九州の定時株主総会で発言する青柳俊彦社長のモニター画面=福岡市で23日午前 拡大
JR九州の定時株主総会で発言する青柳俊彦社長のモニター画面=福岡市で23日午前

 JR九州は23日、福岡市内で定時株主総会を開いた。新型コロナウイルスの影響で悪化した業績に関して、青柳俊彦社長は「鉄道事業を中心に徹底したコスト削減に取り組み、黒字化を目指す」と話した。

JR九州の定時株主総会の会場入り口=福岡市で23日午前 拡大
JR九州の定時株主総会の会場入り口=福岡市で23日午前

 担当役員が車両の運用方法やダイヤを見直し、固定費の削減に取り組んでいると説明した。株主からは、駅無人化や回数券の廃止といったコスト削減策に否定的な意見も出たが、人口減少やコロナの影響が続く中「やらなければならない施策。丁寧に進めたい」と理解を求めた。

 整備方式が決まらず未着工となっている九州新幹線長崎ルートについて、担当者は「フル規格が九州全体の経済活性化につながる」と話した。総会では青柳氏を含む取締役11人の選任など全ての議案が可決された。

 JR九州の2021年3月期連結決算は、乗客の減少などで189億円の最終(当期)損失となった。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集