米議会乱入事件の調査特別委、下院に設置へ 権限限定的か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ナンシー・ペロシ氏
ナンシー・ペロシ氏

 米国のペロシ下院議長は24日、今年1月に起きたトランプ前大統領の支持者による連邦議会乱入事件を調査する特別委員会を下院に設置する方針を明らかにした。民主党は超党派による独立調査委員会の設置を目指していたが、共和党側の反対が根強いことから方針転換した。ただ、独立調査委に比べると調査権限は限定的とみられ、実効性のある調査につながるかは不透明だ。

 ペロシ氏は24日の記者会見で「真相をはっきりさせ、同様の事件の再発を防ぎ、原因を根絶することが必要だ」と述べ、白人至上主義団体の活動など事件につながった要因の分析や、警備体制の検証を行うと説明した。特別委の構成や調査期間は明らかにしなかった。共和党にも委員を出すよう求めたが、共和党側は「党派的な動きだ」と批判している。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文527文字)

あわせて読みたい

ニュース特集