特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

ミャンマー、民主派も武装組織 治安部隊と市街地で銃撃戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミャンマー中部マンダレーで民主派の武装組織の拠点として治安当局の捜索を受けたとみられる家から出てくる人=2021年6月22日、ロイター
ミャンマー中部マンダレーで民主派の武装組織の拠点として治安当局の捜索を受けたとみられる家から出てくる人=2021年6月22日、ロイター

 ミャンマーでクーデターに抗議する民主派の市民らが治安部隊に対抗するため結成した武装組織と、国軍側との衝突が激しくなっている。少数民族武装勢力に軍事訓練を受けた武装組織メンバーが、市街地で治安部隊と銃撃戦になるケースも出始めた。

 地元メディアによると、第2の都市マンダレーで22日、車両3台を配備していた治安部隊と「マンダレー人民防衛隊」の約20人が銃撃戦となった。国軍側は4人を殺害し8人を逮捕したと発表したが、防衛隊側は死者は2人に過ぎないと主張。防衛隊のリーダーは「闘いは始まった。今後、戦闘は増えていく」と話した。

 また、5月には南東部カイン(カレン)州で…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文905文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集