特集

東京都議選2021

6月25日告示・7月4日投開票の東京都議選に関する話題をまとめたページです。

特集一覧

東京都議選に264人立候補届け出 女性は過去最多更新の見通し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新宿の高層ビル群。中央は東京都庁=東京都新宿区で2020年4月、本社ヘリから吉田航太撮影
新宿の高層ビル群。中央は東京都庁=東京都新宿区で2020年4月、本社ヘリから吉田航太撮影

 任期満了に伴う東京都議選(定数127)が25日、告示された。秋までに実施される衆院選の前哨戦で、小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」が第1党を維持できるか、自民党が選挙協力する公明党と合わせて過半数を獲得できるかが焦点だ。都議選の結果は国政にも影響を与えるとみられており、各党は幹部を応援に投入して首都決戦に臨む。

 毎日新聞の集計では、午後0時20分現在、42選挙区に立候補を届け出たのは前回の259人を上回る264人。女性の数は前回の65人を上回って過去最多を更新した。投開票は7月4日。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文989文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集