山里を学びの場に 東京の起業家が徳島に「まるごと高専」開設へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者発表会でクラウドファンディングのサイトを開設した寺田親弘さん(左端)ら=東京都渋谷区渋谷2のMakuake(マクアケ)で6月1日、錦織祐一撮影
記者発表会でクラウドファンディングのサイトを開設した寺田親弘さん(左端)ら=東京都渋谷区渋谷2のMakuake(マクアケ)で6月1日、錦織祐一撮影

 山里を丸ごと学びの場に――。山間部にありながらITベンチャーが次々と進出している徳島県神山町に、東京の若手経営者が私立の高等専門学校「神山まるごと高専(仮称)」を開校する計画を進めている。メンバーは「起業家精神が宿る神山で、新しいものをつくろうと挑む次の起業家を育てたい」と意気込む。

 神山町はかつて林業で栄えたが、その衰退とともに過疎化が進み、県が2002年から、対策として高速無線通信網を整備した。これを活用しようと、米スタンフォード大大学院を修了して実家に戻ってきた大南信也さん(68)らが、NPO法人「グリーンバレー」を設立。滞在しながら創作する芸術家やITベンチャーの誘致を始めた。名刺管理サービスを手掛ける「Sansan(サンサン)」(東京)が10年、古民家を改修してサテライトオフィスを開設したのを皮切りに、14社が進出している。

 同社の寺田親弘社長(44)ら経営者有志が、起業家精神が蓄積されてきた神山で専門的に学ぶ高専の設立を発案した。従来の高専はものづくりなどの技術教育が中心だが、プログラミングなどのIT教育、建築やアートなどのデザイン教育を、起業家らから直接学ぶ構想だ。校長には衣料通販ZOZO(ゾゾ)の元最高技術責任者(CTO)、大蔵峰樹さん(44)が就任する。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文1049文字)

あわせて読みたい

注目の特集