特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「感染再拡大の予兆」 宣言解除後、東京の繁華街で人出増加

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ 拡大
写真はイメージ=ゲッティ

 新型コロナウイルスの都内の感染状況などを分析する東京都モニタリング会議が24日開かれ、都内の感染状況について専門家が「感染再拡大(リバウンド)の予兆が見られる」という分析をまとめた。新規感染者数の7日間平均の前週比は23日時点で111%に上り、急激な感染拡大が起きかねない状況になっている。

 23日時点で新規感染者の7日間平均は418人で、前週の376・3人から41・7人増加。主要繁華街の夜間の人出は、緊急事態宣言期間の最終盤の6月中旬に一時増加が止まって横ばいとなったものの、宣言が解除された21日から3日間で再び7・1%の増加に転じた。

 都内で確認された変異株の種類を都が分析したところ、強い感染力を持つとされるインド由来の「L452R」変異株の割合が増加していることが判明。7~13日は3・2%だったが、14~20日は8・2%に増えた。

 都医学総合研究所の西田淳志・社会健康医学研究センター長は「第4波のペースを考えた場合、今後1カ月ぐらいのところで(感染者数が)上がってくる可能性もある」と指摘し、人出の抑制が重要だと強調した。【黒川晋史】

◆都のモニタリング指標

感染状況

                             6月16日 前週との比較  6月23日

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

都のモニタリング指標 拡大
都のモニタリング指標

 (1)新規感染者数(人)                  376.3   ↗     418.0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 (2)東京消防庁の救急相談センターの発熱等相談件数(件)   64.9   →      59.0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 (3)感染経路不明者 数(人)               238.6   ↗     260.6

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

          増減(%)              100.2   ↗     109.2

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

医療提供体制

 (4)検査の陽性率(%)                    4.1   ↗       4.6

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 (5)救急搬送先を見つけるのが困難だった件数(件)      39.1   →      40.1

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 (6)入院患者数(人)                  1346     →    1301

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 (7)重症患者数(人)                    45     →      44

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ※(1)~(5)は週平均

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集