五輪中止求め、高校生が1人サイレントスタンディング 反響広がる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京オリンピックの中止を求めるメッセージを掲げ、四条河原町の交差点に立つ那須開登さん=2021年5月30日、本人提供
東京オリンピックの中止を求めるメッセージを掲げ、四条河原町の交差点に立つ那須開登さん=2021年5月30日、本人提供

 「東京オリンピックの中止を求めます」。こう手書きされた段ボールを手にした男子高校生が5月末、一人で街頭に立った。無言で抗議の意を示す「サイレントスタンディング」。様子がツイッターに投稿されると反響を呼び、「参加したい」という仲間も現れた。たった一人から始まった活動が、静かに広がっている。

 京都市左京区の高校1年、那須開登(かいと)さん(15)。大阪出身で父親が米国人、母親が日本人。一時、米国に在住していたこともある。バイデン氏が勝利した2020年の米大統領選を巡る討論会を見るなどして、社会問題により関心を持つようになったという。

 東京五輪・パラリンピックは「福島第1原発の事故後、国としてまだうまく回っていないのに、五輪に注力するのだろうか」と疑問を抱いていた。開催が近づく中、賛成よりも反対が上回っている世論調査の結果も目にするようになった。そんな状況下で大会を開催するのは「非民主的だ」と感じていた。

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1470文字)

あわせて読みたい

注目の特集