西成の住宅崩落、斜面下の建設工事との関連捜査 大阪府警

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
住宅2棟が崩落した現場。南隣の住宅も土地の一部が崩れ、倒壊の恐れが出ている=大阪市西成区で2021年6月25日午後7時21分、郡悠介撮影
住宅2棟が崩落した現場。南隣の住宅も土地の一部が崩れ、倒壊の恐れが出ている=大阪市西成区で2021年6月25日午後7時21分、郡悠介撮影

 大阪市西成区天下茶屋東2の住宅街で25日午前、斜面沿いに隣接して建つ2階建ての住宅2棟が相次いで崩落した。けが人はいなかった。2棟の南隣の民家も土地の一部が崩れ、倒壊する恐れがある。斜面の数メートル下の空き地では老人ホームの建設工事が進んでいた。大阪府警は崩落との関連を調べるとともに、周辺の立ち入りを制限している。

 府警によると、南北に並んでいた2棟のうち南側の住宅には2人が住んでいたが、倒壊の直前に逃げて無事だった。南側の住宅が午前7時40分ごろに斜面に向かって崩れ落ち、約3時間後には北側の住宅も崩落した。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文789文字)

あわせて読みたい

ニュース特集