元関脇・勢、引退会見で「すっきりした思い」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
引退会見する元関脇・勢=2021年6月25日(日本相撲協会提供)
引退会見する元関脇・勢=2021年6月25日(日本相撲協会提供)

 現役を引退し、年寄「春日山」を襲名した元関脇の勢(34)=本名・東口翔太、大阪府出身、伊勢ノ海部屋=が25日、記者会見し「やれるだけのことはやった。納得している。すっきりした思いであります」と心境を語った。

 2005年春場所初土俵から度重なるケガにも出場を続けていた勢は東十両13枚目だった1月の初場所14日目に左手親指を骨折。自身初めて、千秋楽の一番のみ休場し…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

ニュース特集