「幻の果実」今年は豊作 アドベリー収穫続く 高島 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
収穫される熟して黒くなったアドベリー=滋賀県高島市安曇川町四津川の「はなつむぎベリーファーム」で2021年6月23日午前5時27分、長谷川隆広撮影
収穫される熟して黒くなったアドベリー=滋賀県高島市安曇川町四津川の「はなつむぎベリーファーム」で2021年6月23日午前5時27分、長谷川隆広撮影

 高島市安曇川町で特産の果実「アドベリー」の収穫が続いている。日持ちせず、収穫時期と量が限られているため市場に出回ることがほとんどなく、「幻の果実」とも呼ばれる。正式名はボイセンベリー。果実は熟すと黒っぽくなり、酸味と爽やかな甘さが特徴だ。

 「はなつむぎベリーファーム」では、農場3000平方メートルでアドベリー650株を栽培しており、シーズン中に…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集