小泉環境相が「秋までに説明」 水俣病住民健康調査 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインで小泉環境相と意見を交わす水俣病被害者団体のメンバーら
オンラインで小泉環境相と意見を交わす水俣病被害者団体のメンバーら

 水俣病被害者が早期実施を求めている住民健康調査について、小泉進次郎環境相は25日、国立水俣病総合研究センター(熊本県水俣市)が進めている調査手法開発に向けた研究を踏まえ、「詳細な進捗(しんちょく)状況の説明の機会を今秋までに設けたい」と述べた。

 小泉氏が被害者7団体とのオンライン意見交換会で明らかにした。複…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集