特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『石原慎太郎・大江健三郎』=江藤淳・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『石原慎太郎 大江健三郎』
『石原慎太郎 大江健三郎』

 (中公文庫・990円)

 表題の作家2人と著者は60年安保の際、「若い日本の会」で政権批判の行動をともにした。その後、政治・思想的な立場は分かれたが、江藤による石原論、大江論を集めたオリジナル編集の本書は彼らの「出発点」における関係を語って興味深い。

 後に保守の論客となる江藤と石原は旧制湘南中学時代からの友人。遠慮のなさからか、石原作品に対する江藤の評は概して辛口だ。石原は1968年、参院選全国区でトップ当選…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集