マダガスカルで深刻な食糧不足 干ばつにコロナ追い打ち

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アフリカ東部の島国、マダガスカル南部で干ばつによる食料不足が深刻になっている。およそ114万人が食料不足に苦しみ、国内では5歳未満の子供の6人に1人が栄養失調状態だという。

 現地は2018年ごろから干ばつに見舞われており、今年は農作物の収穫が平年の4割以下に落ち込んだ。また新型コロナウイルスの感染…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

あわせて読みたい

注目の特集