フロリダマンション崩落 現場は雨、救助難航も「まだ希望ある」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一部が崩落したマンションの住人の家族は、救助隊の捜索の様子を見つめていた=米南部フロリダ州サーフサイドで2021年6月25日、AP
一部が崩落したマンションの住人の家族は、救助隊の捜索の様子を見つめていた=米南部フロリダ州サーフサイドで2021年6月25日、AP

 米南部フロリダ州サーフサイドで24日未明に起きた12階建てマンション崩落で、救助隊は25日も不明者の必死の捜索を続けた。連絡が取れていない159人のうち何人が実際に建物内にいたのかはいまだ不明で、確認された死者は4人。被害の全容が見えないまま、2次災害の恐れなどもあり、救助活動は進まず難航している。

 中南米メディアによると、不明者にはパラグアイ大統領夫人の親族ら少なくとも30人の中南米各国民がいるとされる。時間が過ぎる中、被害が拡大する恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文560文字)

あわせて読みたい

ニュース特集